入ってると安心!ペット保険の選び方のポイント

ペットの治療費は全額自己負担!

ペットが元気がない、体調が悪そうなときどうしますか?ほとんどの方は心配で病院に連れて行くことでしょう。診察の結果、大事に至らなくて良かったとホッとしたものの、お会計でビックリ!した経験ありますよね。ペットの治療費は、全額自己負担なんです。動物病院などによって多少の違いはありますが、例えば、風邪と診断され、初診料と注射などの処置、それに薬代など含め5千円~1万円なんて請求もありえるんです。1回の通院でこの金額ですよ。もし、これが何日も続いたり手術が必要なほどの大きな病気だったらと考えると、とても重要な問題ですよね。

こんなときはどうなるの?

ペットの治療費は全額自己負担だと言いましたが、病院でかかったもの全てがその対象になるかといったらそうではありません。ペットを飼っていると、病気以外にも病院に行くことが多いでしょう。例えば、ワクチン接種やノミ、ダニの予防薬、トリミング、シャンプーなどは病気ではありませんから保険の対象外です。あくまでも、風邪やお腹を壊した、ケガをしたなど、病院で診察してもらったものが対象です。ただ、保険会社によっては認めているものもありますので、何が対象か対象外かは保険会社のHPや冊子などで十分確認しておく必要があるでしょう。

ペット保険は必要なの?

ペット保険が必要か必要でないかはその子と飼い主さんによっても様々ですから、一概に入った方が良いとか悪いとかはないです。あまり病気やケガなどしない子だったら保険の重要性はそこまで感じないでしょうし、たまに病院に行くくらいなら自己負担でもいいと思う方もいるでしょう。ただ、もしも突然大きな病気にかかったら?生きている限り何があるか分からないのが人生です。ペットが大きな病気になり慌てないためにも、ペット保険のこと少し考えてみませんか?大切なペットの命守れるのは飼い主さんだけですから。

ペットを病院に連れていくことが常識になり、高額な医療費がかかるのが当然のようになると、ペット保険は必須と言えるほど家計の負担を減らす存在になってきます。高齢になったペットの備えとして役立つでしょう。