結婚指輪選びで後悔しないためにやっておくべきこと

2人の意見を統一しておこう

結婚指輪はやみくもにお店に行ってもなかなかこれ、というものは決められません。生まれも育ちも二人が一つのものを探すのですから、意見の食い違いはどうしても出てきてしまいます。お店に行く前にまずは2人の意見の統一をしておきましょう。せっかくの幸せの象徴である結婚指輪を探しに行って、意見が合わずに喧嘩したなんてことになったら悲しい思い出が付きまとってしまうことになります。大体の値段やデザインの方向性を決めておくとスムーズです。

既製品?オーダー品?メリットとデメリットは

既製品は万全なアフターケアを行ってくれます。他のカップルと同じデザインで世界に一つというわけにはいきませんが結婚後に指輪のサイズが変わった時のサイズ直しなども比較的簡単に行ってもらえます。自分たちオリジナルの世界に一つの結婚指輪が欲しい時にはオーダー品がおすすめですが、デザインに関するセンスがないという人の場合にはある程度の形が決まっていてそこから2人で気に入ったデザインを選択できる半オーダーにするとデザインを組みわせるだけなので手軽になりますよ。

後悔しないためには妥協しないことも必要

結婚に関することはどうしても女性が主導になりがちなので女性の好みだけを押し付け勝ちになります。世界に一つだけのものにするために個性的なデザインにした場合、それから何年も何十年先も使い続けられるのかという点が重要になります。結婚指輪は結婚後は男性もつけ続けるものです。だからと言って妥協してしまうと後悔が残ってしまいます。譲れない点、譲っても構わない点を明確にしながら二人だけの結婚指輪を探していきましょう。

結婚指輪とは、結婚式でこれからお互い共に手を取り合って人生を歩んでいくということの誓いとして交換し合うものです。ずっと左手の薬指に指輪をはめている人もいて、結婚したことの証となるものです。