知っていますか?ゼンマイには自動巻きと手動巻きの2つが在る事を

家中に使う柱時計も昔は機械式時計

家の中には必ずと言って良いくらい時計というものがあります。時計は現在の時間を知るためには必要不可欠な存在で、これから出かけると言う時など、時計を見て外出される人も多いのではないでしょうか。時計には色々な種類がありますが、柱時計と言うのは文字盤に数字が刻まれていて、長針と短針の2つで時間を表示してくれて、振り子が動くと言った特徴があります。現在の柱時計は乾電池を入れておけば常に時間を表示してくれるタイプになりますが、昔の柱時計は機械式時計で定期的にゼンマイを巻いてあげる必要が在ったのです。

柱時計のケースを開けるとゼンマイを入れる穴が在る

柱時計は振り子が動いて歯車を回すと言った特徴がありますが、振り子を動かしているのはゼンマイで、定期的にゼンマイを巻いてあげる事で振り子が動き時を刻むと言う仕組みになっています。ゼンマイが広がって来ると振り子の動きも悪くなり、やがて振り子は止まってしまう事になりますが、柱時計の表面の蓋を開けるとゼンマイを巻く時に利用するネジ巻のような物を使えばゼンマイを巻き上げて再び振り子が動くようになるのです。子供の頃にゼンマイを巻くように言われた人も多いかと思われますが、今ではこうした時計も姿を消しつつありますね。

機械式の腕時計には自動と手動の2つ

柱時計はゼンマイを巻いてあげないと振り子が止まってしまうのですが、機械式時計の中でも腕時計の場合には手動でゼンマイを巻いてあげる必要が在るタイプと、自動巻きと呼ばれている2つの種類があるのです。手動巻の場合は腕時計の竜頭を引っ張って巻き上げる、手動巻の場合は腕に装着しているだけで内部のローターが腕の振りにより回転し、ゼンマイを巻き上げてくれる仕組みになっているため、自分でゼンマイを巻く必要がありません。但し、長期間引き出しの中にしまい込んだままにしておくとゼンマイが巻かれていないので止まってしまうのです。

ダミアーニとはイタリアの一流宝石ブランドです。確かな品質、職人の技術、最高のデザインが重なり世界のセレブを虜にしています。